"和酒”を知る、日本を知る、 和酒とおもてなしの極意を愉しむ夕べ 2

  • 2017.07.03 Monday
  • 10:03

輝和美倶楽部主催の"和酒”を知る、日本を知る、
和酒とおもてなしの極意を愉しむ夕べ

が開催されました。
ここでの和酒とは、日本酒、日本ワイン、
日本ウイスキー、日本の焼酎の4種類
全4回コースの最初は日本酒です
日本食文化の中心、「米」が原料の日本酒は、
2000年の歴史の中で進化し続けている醸造酒。
日本酒を知ると日本を知れるのです

講師は、ソムリエ/トータル飲料コンサルタントの
友田晶子さん。
プロ中のプロから直接学べるのが、
輝和美倶楽部の魅力の一つ。

講座の前半では日本酒について学び、
4種類の日本酒をテイスティング。
(詳細はこちら)
続いて料理とのペアリングを楽しみます

P6171204

日本酒はそのままでもおいしく、
どの料理にも合わせやすいけれど、
特に相性の良い組み合わせがあります。

P6171260

相性が良くなる理由の主なものは…
同じような風味を持つもの同士を合わせ、
 同調(相乗効果)させる
個性の違うもの同士を合わせ、
 新しい風味を生み出す
 ワインで言うマリアージュ
  日本にはなかった概念
酒が料理の味わいを引き立てる
 逆に料理が酒の味わいを引き立てる
脂を流す、臭みを消す、清涼感を求める

色々ありますが、そんなことは深く考えずに、
ただ酔うことを楽しむために日本人は
お酒を飲んできたのと友田さん。
過去の数々の飲み会を思い出し、
妙に納得

先附4種が、テイスティングした
醇酒、爽酒、熟酒、薫酒に
合う食材や味付けになっています。

P6171175

え、日本酒に黒糖饅頭

P6171209

テイスティングではクセが強いと感じる方が
多かった薫酒は、コクのある甘さの黒糖饅頭と
合わせることで全く違った味わいになるんですね

ペアリングで味の変化を確認した後は、
好きなお酒を追加注文してフリータイム

P6171215

各席を回って気さくに会話する友田さん、
ちょっと聞きづらいような質問にも
バンバン答えてくれる

P6171239

旬を取り入れた目にも鮮やかな料理、
お酒、そして場の雰囲気や会話を堪能する…
何て大人な時間なんでしょう

P6171232

こういうことが自然にできると、
「嗜む」という表現がしっくりくるんだなぁと
参加者の方々を拝見して感じました。

プロ中のプロの友田さんに、好みを言って
次に飲むお酒を相談できる機会って
そうそうないですよね
でも輝和美倶楽部ではそれができちゃうんです。

P6171228

明るかった空がすっかり暗くなっても、
会場の盛り上がりは絶えることなく、
上品にほぐれた、心地の良い時間が流れていきました。

P6171265

やっぱりお酒の力って素晴らしい

P6171199


最後に会場のご紹介。大森駅徒歩すぐの
HOTEL BAR グランティオス別邸です。 

P6171125

ホテルですが和の雰囲気の外観。

2

ロビーに足を踏み入れると…

1

囲炉裏
ちゃんと火がつきます

実は福島県郡山市にある旅館、
よもぎ埜がルーツなんです。
茶道の心がおもてなしの基本という理念で
運営されている旅館のサービスが、
ビジネスホテルで受けられる、
和モダンホテルです

5

輝和美倶楽部の提携ホテルになっており、
会員の方は特別価格で宿泊可能。
とっても素敵だったので、
講座が始まる前に思わず空室検索を
してしまいましたが、満室の日が続出…

講座が行われた和とBar 月の小路は、
フロントを通ってエレベーターか、
入リ口脇の小道を通って
(ここがまた素敵)会談で2階へ。

P6171126

和の基本は崩さずにモダンを
取り入れるとはこういう事か〜

3

何事もまずは基本をしっかり押さえるのが大事で、
それが遠回りに思えても結局上達や成長への
近道だよなぁと子供たちと接していて
感じることがあります。
私は日本人だからもっと日本を学び、
それを伝えていかなければ
若い時から海外が好きでバックパッカー。
大学ではアラブについて学びましたが
見事に挫折したのは、
日本人として押さえておくべきことに
全く無関心だったからなんだろうなぁと
思う今日この頃です。私なりに一周回って
ようやく原点に戻ってきました。

日本の文化を、その道のプロから楽しく学べる
輝和美倶楽部の公式ブログを書かせて
いただくことになったご縁に感謝します

講師の友田晶子さんと
輝和美倶楽部主宰の写真で
ご報告は終わりです。

P6171267

次回の開催予定は下記にてご案内いたします。
HP http://kiwabi.club/
Facebookはこちら
ご参加をお待ちしております


日本酒渾身の一滴 世界に誇る國酒のプライド [ 友田晶子 ]

りんごや桃などフルーティーな香りの
会津中将
このお酒がテイスティングの最初に
選ばれたのは、会場のルーツが
会津にあるからなのでした


福島県会津若松市の地酒 会津中将 純米吟醸 夢の香 720ml


司牡丹 船中八策 司牡丹酒造 日本酒 純米酒300ml


輝和美倶楽部とは…日本の文化を楽しみ、
体験できる場(クラブハウス)として
設立されました。
国際社会の中で日本人として恥ずかしくない
最低限の教養を身につけられる講座や
イベントが開催されています。
年会費、入会金がありますが、
初めての方は講座料金のみです。
まずは講座を体験し、
ご納得いただいたうえで
ご入会いただければと思いますウィンク
また、「特別企画」に参加すると、
年会費、入会金が無料になる特典が
あるのでそちらもお見逃しなく
HP
http://kiwabi.club/
Facebookはこちら

JUGEMテーマ:お酒

 

"和酒”を知る、日本を知る、 和酒とおもてなしの極意を愉しむ夕べ 1

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 15:33

JUGEMテーマ:お酒

 

輝和美倶楽部の和のお稽古が
いつものコレド室町3橋楽亭を離れて大森へ

P6171132

"和酒”を知る、日本を知る、
和酒とおもてなしの極意を愉しむ夕べ

が開催されました。

P6171137

ここでの和酒とは、日本酒、日本ワイン、
日本ウイスキー、日本の焼酎の4種類
今回が全4回コースの第1回目。
テーマは日本酒です

お酒はその国の伝統文化を継承する飲み物。
日本食文化の中心、「米」が原料の日本酒は、
2000年の歴史の中で進化し続けている醸造酒です。
日本酒を知ると日本が分かると言えるのです

講師は、ソムリエ/トータル飲料コンサルタントの
友田晶子さん。

P6171148

雑誌の表紙を飾る、実力と人気のある
有名な方からこの距離で話が聞けるなんて
プロ中のプロから直接学べるのが、
輝和美倶楽部の魅力の一つ。

P6171250


日本酒渾身の一滴 世界に誇る國酒のプライド [ 友田晶子 ]

美味しい旬の食材とともに、食事をしながら学び、
楽しむ講座、最初は日本酒について勉強します。
希望者は、通常2時間の講義を受ける必要がある
日本酒ナビゲーターの資格が取れちゃいます。

日本酒の原料は米、水、麹菌、酵母、乳酸菌

P6171254

日本酒用のお米は酒造好適米と呼ばれ、
私たちが食べるうるち米と区別されています。
稲の背丈が高く大人の背丈くらいまで
成長するものがあったり、
病害虫対策に手間とコストがかかったり、
さらに収穫量が限定されます。
食べるお米の倍くらいの値段がするそうです。
酒造好適米にも様々なブランドがありますが、
一番作付面積が多いのが山田錦。

普段はなかなか見られない酒造好適米を
見せていただきました

P6171164

こちら、お米の80%を削ったもの。
なんて贅沢な…

P6171249

削れば削るほど、雑味のない味わいになりますが…
削った周りの部分はどうなっちゃうの
あられやおせんべいの原料になるのは、
参加者の皆様も想像されたようですが、
道路の白線などに使われることもあるそうです

続いて水。
日本酒造りには白米の50倍以上の水が必要
だから蔵元は自然環境に恵まれた
川や水源の近くにあるんですね。
軟水で仕込むと優しい味わいに、
硬水で仕込むと芯の強い味わいになるそうです。

P6171256

蒸した米に麹菌を吹き付けて麹造り。
麹菌の力で米のでんぷんがぶどう糖に変化。
そのぶどう糖が酵母の力でアルコールになる。
仕込みの間、雑菌を淘汰したり、
酵母のえさとなり酵母の数を増やしたり、
味にコクを与えたりする乳酸菌。

麹菌、酵母、乳酸菌は、
美容や健康に気を遣う人なら
意識的に摂取しているのではないでしょうか
「酒は百薬の長」と言われますが、
これは科学的にも証明されています。
酒類の中で特に多くのアミノ酸を含む日本酒。
アミノ酸以外にも、4000もの成分が
生活習慣病の予防に加え、美肌・美白効果もあり、
まさに天然のサプリメントと言えます

日本酒は他の酒類に比べて
飲用温度の幅が広い。
冷酒でも常温でも温めても
おいしいお酒は日本酒だけ

温度の表現には、雪冷え、人肌燗、
飛びきり燗など日本語の豊かさが表れています。

体を冷やす効果が低いし、1年中楽しめます。

P6171257

季節によって変わる自然風景に合わせて
雪見酒や花見酒などと呼び方が変わったり、
旬を大切にする日本人らしく、季節の酒があったり・・・
日本文化は四季と切っても切れないんだなぁ
豊かな自然に感謝したくなります。
昔から変わらない日本人のマインドを再確認。

一口に「日本酒」と言っても特徴は様々。
プロの方々が21,000種の利き酒を繰り返し、
「香りと味わいの要素から選定できる、
日本酒の4タイプ分類法」を考案

P6171258

今回の講座では、この4タイプを試飲。
左から、醇酒、爽酒、熟酒、薫酒。

P6171192

グラスとボトルの順番は同じです。

P6171199

今回の「薫酒」は、会津中将。
リンゴや桃などフルーティーな香り


福島県会津若松市の地酒 会津中将 純米吟醸 夢の香 720ml

先生がテイスティングする様子、
ホレボレするくらい素敵で自然な流れ
とってもかっこいいです。


P6171178

 

日本酒はそのままでもおいしいし、
どの料理にも合わせやすいけれど、
特に相性の良い組み合わせがこちら。

P6171260

詳細は次の記事でお伝えします
いよいよお料理も登場しますよ
会場の秘密も明らかに…


司牡丹 船中八策 司牡丹酒造 日本酒 純米酒300ml

輝和美倶楽部とは…日本の文化を楽しみ、
体験できる場(クラブハウス)として
設立されました。
国際社会の中で日本人として恥ずかしくない
最低限の教養を身につけられる講座や
イベントが開催されています。
ご興味がある方は
是非ご入会くださいウィンク
HP
http://kiwabi.club/
Facebookページはこちら

<クチコミ投稿>ウイスキーに合うお料理を作ってみました!

  • 2016.11.09 Wednesday
  • 11:05

JUGEMテーマ:お料理教室にて

 

3

先日、輝和美倶楽部様 http://kiwabi.club/
のご招待で参加させていただいた、
和酒と料理のペアリング体験(記事はこちら)スマイル

「和酒」とは、日本酒だけでなく、焼酎、ワイン、
ウイスキー
など、国産のお酒すべてを表す言葉です。

6種のお酒をテイスティング。

7

教えてもらったペアリングは、
自分では思いつかない料理ばかり目がハート
食材や味付けのヒントをもとに、
子供も食べられる「ごはんのおかず」兼、
家飲み用おつまみを作っています。

今回は、最終回なので、
簡単にできるものを色々…音符

まずはたまにたまにの昼飲みに。
ウイスキーと一緒に秋の黒蜜パフェ。

4

ゆであずきと焼き栗とさつまいもに黒蜜をたっぷりかけて。

5

甘い味付けのもの、そして原料が同じなので
黒糖焼酎や芋焼酎とも合いそうです…。

続いて、秋の味覚生落花生を
オーブンで焼いた焼き落花生。

2

毎年のお楽しみ。蒸したりゆでたりしていたのですが、
スモーキーなものと相性が良い麦焼酎と合わせたくて
焼いてみました。

4

200度のオーブンで15分くらい。
ホクホクの甘い部分と、焦げて香ばしい部分の
コントラストがいい!食感も柔らかすぎず、
かと言って炒ったものとは違うユニークさ。
薄皮も渋くないのでむかずに食べられます。
簡単だしヘルシーだし、秋のおもてなしにぜひ〜上向き矢印

最後に、ちょっとクリスマスを意識して、
合鴨とアボカドとモッツァレラチーズのおつまみ。
リースのように丸く盛り付けました。

2

ワインは酸味があったり、脂っぽい料理と
相性が良いそうなのでレモンを絞ってさっぱりいただきます。

4

モッツァレラチーズとアボカド、
よく考えてみれば和食ではないかもしれませんが…
和酒の国産ワインに合わせてぜひお試しくださいどきどきハート

 

 

フードアナリストの遠藤さんのレポートでした。

食に関する講座はしっかりと受けてくださる遠藤さん。

そしてこのクチコミ投稿、、、輝和美倶楽部の温度感がリアルにみなさんに伝われば何よりと思っています^^

遠藤さん次回も是非ご参加、投稿よろしお願いします!

<クチコミ投稿>麦焼酎に合うお料理を作ってみました!

  • 2016.10.31 Monday
  • 00:00

3

先日、輝和美倶楽部様 http://kiwabi.club/
のご招待で参加させていただいた、
和酒と料理のペアリング体験(記事はこちら)スマイル

「和酒」とは、日本酒だけでなく、焼酎、ワイン、
ウイスキー
など、国産のお酒すべてを表す言葉です。

6種のお酒をテイスティング。

7

教えてもらったペアリングは、
自分では思いつかない料理ばかり目がハート
食材や味付けのヒントをもとに、
子供も食べられる「ごはんのおかず」兼、
家飲み用おつまみを作っています。

今回は、麦焼酎編。
夫の晩酌の定番のお酒です。
料理のヒントは香ばしさ、スモーク香など。
テイスティングしたものは樽香がしっかりあって
あっさりして癖のない、飲みやすいウイスキーみたいな
印象でしたが、家の麦焼酎は…
よく言えばもっとマイルドというか(笑)
大容量パックの本格麦焼酎です。

黄ハート合鴨スモークと野菜の生春巻き黄ハート

1

これは最初純米酒と合わせようと思い作って食べて、
まあまあおいしかったのですが、ふと麦焼酎の方が合うかも
とお酒を変えてみたら断然おいしかった一品。
ベトナムにはもち米の焼酎があるから、
ライスペーパーのもちもち感
と焼酎は合うのかもと思い…大正解上向き矢印
合鴨スモークの脂っぽさと燻製風味がよく合います。
純米酒と合わせるならロースハム&チーズ&野菜がいいかも!?
次回以降作れたらやってみます。

夕食のおかずの一部を晩酌セットのように盛り付けてみました。

2

黄ハートめかじきのごま油ソテー黄ハート
黄ハート原木しいたけとえのきの塩こうじ炒め黄ハート
黄ハートアボカドのおかか和え黄ハート

めかじきのごま油ソテーは、
醤油、にんにく、しょうが、みりんに
漬け込んでおいたもの。

6

焼き肉のたれのイメージで味付けして、
焼き目をつけて仕上げました。

原木しいたけとえのきの塩こうじ炒めには、
新潟の発酵調味料かんずりで辛みをプラス。

8

塩こうじで甘みと旨みが増したきのこに、
かんずりの深い風味とピリッとした辛みで
お酒に合うおつまみになりました!

鰹節は栄養価が高く、必須アミノ酸がたっぷり含まれるので、
疲労回復に効果があったりコラーゲンの働きをアップさせる
効果もあり、疲れが気になる夜によく食べています。

今までは、料理とその日あるお酒を
経験から何となく合わせていたのですが…
ペアリングを学んで意識するようになってから、
いつもの食材の組み合わせを、
調味料や調理法を変えてお酒の風味に合わせてみようと
考え挑戦するようになったので、
料理のアイデアが広がった気がしますウィンク

輝和美倶楽部様、貴重な機会をありがとうございましたスマイル

輝和美倶楽部とは…日本の文化を楽しみ、
体験できる場(クラブハウス)として設立されました。
国際社会の中で日本人として恥ずかしくない
最低限の教養を身につけられる講座やイベントが
開催されているのでご興味がある方は
入会されてみてください。
HP http://kiwabi.club/
Facebookページはこちら

 

 

 

フードアナリストの遠藤さんからの投稿です。

日常の楽しみの1つになるような気張らないレシピとお酒との相性がとてもわかりやすいです。

今度は器の演出も変えてみたら、さらに雰囲気が変わるのでしょうね。

ライフスタイルは、自分流の足し算と引き算のマリアージュ。

いろんな人のスタイルを参考にして、もっともっと自分流を楽しんでいけたらいいですね!


 

JUGEMテーマ:お料理教室にて

<クチコミ投稿>純米酒に合うお料理を作ってみました!

  • 2016.10.26 Wednesday
  • 17:27

3

JUGEMテーマ:お料理教室にて


アルコール臭で出汁の香りが感じづらかったなぁと
気付きました。

続いて秋鮭カマの白出汁漬け。

6

市販の漬け魚、味が濃いし甘すぎて特にくまに不評なので、
いつも切身を買ってきて家で漬け込みます。
自家製塩麹や醤油麹が定番で、ブリなら
焼き肉のたれ漬けも結構評判がいいです。
今まで白出汁漬けは作ったことがなかったのですが、
どうして今までやらなかったんだろう〜?って
思うくらいおいしくできました。
特に秋鮭の、他種の鮭に比べてあっさりとした
若々しい脂の風味と身の食感が、上品な白出汁に合うグッド
身がパサつかずふっくら仕上がりました。

市販の塩鮭は、塩じゃなくて塩水漬けで
身をふっくら仕上げることが多いですが、
白出汁も液体なので同様の効果が得られるのかも!?

他の魚でも白出汁漬けを試してみようっとひらめき
お酒もご飯も進みますウィンク

輝和美倶楽部とは…日本の文化を楽しみ、
体験できる場(クラブハウス)として設立されました。
国際社会の中で日本人として恥ずかしくない
最低限の教養を身につけられる講座やイベントが
開催されているのでご興味がある方は
入会されてみてください。
HP http://kiwabi.club/
Facebookページはこちら

フードアナリストの遠藤さんからの投稿でした。
着実に習ったことを実践しているところはさすがです。
そして、なによりも決してかしこまらず、自分流のアトホームなアレンジをしっかりされているところが、
今っぽくて、とても感じがよいですね。
これからもどんどん投稿をお願いします!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • <口コミ投稿>和酒と料理のペアリング講座を受講しました!
    baila (10/26)
  • <口コミ投稿>和酒と料理のペアリング講座を受講しました!
    りょうはん (10/23)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM